『子供と共存する職場』

私たちのお客様に、訪問するとテーブルで子供たちが本を読んだり、絵を書いたりしている会社があります。子供たちは、学校の帰りに会社へ寄ったり、夏休みになると一日中会社にいることがあります。見ていると違和感がなく、その環境の中で社長や社員の方たちが仕事をしています。訪問するたび、とても微笑ましく思っていました。女性社員が子供の様子が分かるので安心なのでしょう。社長も子連れ出勤を認めています。

今年の1月、私たちの会社で産休を取っていた女性社員が、確定申告を前に職場復帰をしたいと相談に来ました。しかし、待機児童問題のため保育所の空きがないとのことです。私は子連れ出勤を認めてみたいという考えがありました。幸い、和室があるのでそこへ0歳児を連れてその女性社員は職場復帰を果たしました。会社としては確定申告を前に、経験がある社員の復帰はとてもありがたいことです。

0歳児の笑顔は職場を明るくし、和やかな空気を作ってくれました。仕事中、見守る社員たちはとても癒されています。現在では、0歳児と一緒に出勤する女性社員の光景が定着しています。泣き声も聞こえてきますが特に気になることもありません。少しの時間、他の社員があやしたりもしています。最近では、男性社員も学校帰りの子供を連れてきてくれました。ちょっとした時間でも会社で預けられたら、家族はとても助かるのです。

今年は、2名の女子社員が産休に入ります。貴重な社員ですから、産休が空けたら職場復帰をしてもらいたいのです。今回のケースが足掛かりとなり、子供が共存する職場になれば良いと考えています。子供の安全を職場内でどう確保するかという大きな課題はあります。企業は、仕事優先で成り立っていた側面があります。経験や能力のある人が子供を預けられずに働けなくなる環境を少しでも改善できないものかと模索は続きます。