『神社紀行』

上尾

毎年、大晦日が過ぎ、元旦になると3か所の神社へお札をいただきに家内と二人で神社へ行きます。

神棚が自宅と会社にありますので、2つずつもらいに行きます。幸い、風が無く穏やかな夜です。

神棚は、屋根が三つの『三社造』なので、中心に神宮大麻、向かって右に氏神様、左に崇敬する神社のお札を納めることになっています。私が行くコースは、大宮氷川神社上尾氷川鍬神社川越氷川神社のコース。川越氷川神社にてお札をいただける時間が午前3時で終わるため、これに間に合うように行かなくてはなりません。

元旦の午前0時15分に自宅を出発、武蔵一宮の大宮氷川神社へ向かいます。0時40分に近くの駐車場に車を止め、小走りで出店がたくさん出ている中、大鳥居をくぐり抜けて参道の人込みの中、境内へ向かいます。今年は、待つことがなくスムーズにお参りをしてお札(天照大神)をいただくことができました。大宮氷川神社は、埼玉県で一番人出があるので、無事に行くことができて安心しました。

1時35分駐車場出発、1時50分に地元の上尾鍬神社に到着。こちらは参拝所がひとつしかないため、毎年、長い行列ができます。しかし今年は、行列が少なくお参りができお札をいただくことができました。

2時10分上尾を出発、所縁のある川越氷川神社に向かいます。川越は参拝するところが広く、あまり待つことなく参拝ができます。いつもは、神社前の駐車場に駐車できるのですが、今年は満車であり、2時35分に離れた駐車場へ止めました。境内も行列ができていましたが、2時55分にはお参りができお札をいただくことができました。川越は年々人気があるようです。

3時30分に自宅へ到着、3つのお札を神棚に納めることができました。

今日1月4日、会社の神棚へ3つのお札を納めました。

一年の無事を祈り、今年も、1日と15日には神棚のお供え物を新しくしていきます。

一年間よろしくお願いいたします。