数を重ねる。回数を数える。

税理士法人キャンバスでは、行事の回数を数えています。

キャンバスセミナー 第50回

キャンバス通信 第75号

キャンバス木鶏会 第122回

キャンバス托鉢 第13回

キャンバス環境整備点検 第19回

回数を数えると歴史ができます。歩みが分かります。改善も分かります。

夏の甲子園大会も100回大会と回数を数えているから盛り上がるのでしょう。

妻に手厚く・・・相続法改正

あきない

キャンバス通信75号

民法の相続の仕組みが、約40年ぶりに見直されることになりました。政府は、2018年3月13日に国会へ『民法の相続分野を見直す改正案』を提出しました。その中の柱が、配偶者の保護を手厚くするということです。夫が亡くなり、妻がそのまま家に住みます。その住むときに居住権をはっきりさせてあげようという改正です。さらに、財産を法定相続分で分けるときに、妻に少しでもやさしくなるようにするにはどうしたらよいか・・・。

例えば、自宅の評価額が2000万円、預貯金が3000万円、合わせて5000万円が相続財産という家庭を考えてみましょう。今までは、自宅2000万円は妻のものだから妻が相続してください。預金3000万円を500万円が妻、2500万円が子供というように合計で5000万円の半々になるように分けました。そうすると、500万円では妻の老後の生活資金が不安です。預貯金が重要なのは子供より妻ではないか・・・。

そこで、自宅の2000万円をふたつに分けようという考え方ができまして、一つを居住権=住む権利。もう一つは所有権=持っている権利とします。これが今回の民法改正案です。居住権は妻のもの、残りの所有権を子供がとる。預貯金を半々にとると2500万円ずつになる。法定相続分 妻1/2子供1/2になります。妻は住む権利は確保しながらも、かつ預貯金が増えて半分になるということです。

もともと、法定相続分通りに相続すればということですから、妻が全部相続すると決めてしまえば、今回の改正については影響がありません。さらに実務的には居住権をいくらで評価するのかという問題があります。居住権には、売却などの権利がないので将来的に介護施設などに入所を考えている場合などは慎重な検討が必要です。この他にも、今回の相続法改正において配偶者の遺産分割にも配慮しています。妻にやさしい相続法改正となっています。

純資産の部は資本金と利益でできている

全国会

簿記は対になっているので、貸借対照表(B/S)は、借方に資産、貸方に負債と純資産が表示されています。貸借対照表を見たときに純資産の部は向かって右角になります。

貸借対照表は、一定時点の財政状態を表しています。会社設立から現在までの会社の姿を表しているといっても良いでしょう。

純資産の部は、大まかにいうと 資本金と利益でできています。つまり、純資産の部の合計額から資本金を差し引いた額が、会社のこれまでの利益ということになります。

会社が仮に10期であればこの利益を金額を10年で割り返してみましょう。平均すると1年でいくらの利益を計上してきたか分かります。

資本

上記の純資産の部は、2期比較となっていますので、左側が前期、右側が当期の金額になります。

TKC全国会 TKCシステムフォーマット・サンプルより引用

損益計算書は、一定期間の経営成績を表しています。一定期間ですから、通常一年間(その期)が儲かったか損したかを表しています。

この損益計算書の利益(損失)が毎年この貸借対照表の純資産の部の利益に積み上がっていきます。損益計算書と貸借対照表はこうして繋がっているのです。

朝の握手運動

税理士法人キャンバスでは、朝の握手運動を行っています。

コミュニケーションに関する方針

4.朝の握手運動

朝、事務所に来たら玄関で『おはようございます』と大きな声で挨拶をする。一礼をした後、所長⇒スタッフの順で両手で握手をする。(握手ができない状況の時は、グーで行う)所長へ何か報告をする(大丈夫ですは✕)。相手の目を見て⇒『よろしくお願いします』⇒全員と行う。直行の人は、事務所に着いて朝から会っていない人が来たら握手運動を行う。

握手

この方針を考えたのは、

日曜日、少年団活動のときです。私たちが少年野球の練習をしている小学校のグラウンドでは、少年サッカーチームも活動をしています。サッカーの団長が、朝、子供たちが集まってくるたび、ひとりひとりの子供たちと握手をしていたのです。

理由を聞くと、『越川、子供たちはな、いろいろな家庭から集まってくるんだ。朝ごはんを食べていないでくる子、朝から親と喧嘩をしてくる子、元気がある子やない子、握手をするとそれが分かるんだよ。だから握手をして一人ひとりに声をかけているんだ。グラウンドでは楽しくやらせたいからなあ。』

私もすぐに真似をして、野球チームにも取り入れました。その通りでした。これを職場にもやってみよう。これがスタートです。

大人でもよくわかります。これからもコツコツと継続します。報告も上がってきます。

『はい』の練習

小学生のころ、教室には『呼ばれたら はい と 元気な返事をしよう』と張り紙がしてあった記憶がある。

税理士法人キャンバスの経営計画書にある『基本行動8か条』には、返事のことが書いてある。

返事

大人になって、小学校の教室に行ってみると同じことが書いた張り紙がある。少年団の子供たちにも、はいの『返事』の練習をしている。返事が返ってこないと『返事』の練習をします!せーの『はい!』。

しかし、大人になると『返事』が省略されてしまう。会合での表彰式などで名前を呼ばれても『はい』と返事ができない大人は多い。恥ずかしくなるからだろう。『はい』と返事をして登壇すると、しっかりした人の印象を与える。

大人でも『はい!』の練習をしていると慌てないで返事ができる。

月一社員面談

税理士法人キャンバスでは、所長である私と社員全員との1対1での月一回面談を行っている。月が替わると、最初の1週間の中で行う。

月

経営計画書の中にある 『コミュニケーションに関する方針』には、

個人面談

所長と社員は月1回面談をする。時間は15分間とする。雑談はこの限りではない。所長のスケジューラーに、前月の15日までに社員が予定を入れると書いてある。

最初の5分は、社員が所長へ前月の仕事のこととプライベートのことを話す時間となっている。その間は、所長はずっと聞く側にまわる。

その後の10分は、所長は社員が話した内容について語り合う。ただそれだけ行っている。

始めたときは、5分話せなかった社員も、予定が決まっているとしっかり話せるようになる。コツコツ続けることが社員教育の秘訣だと感じている。

スマートフォンで5分、10分と時間を計り、内容を記録している。

3年目に入っているが、所長が社員との対話の時間をとくることは大切だと考えている。

マルプーと生活する

もか

我が家には、2歳半のマルプーの♀がいる。とてもかわいい。マルプーとは、マルチーズトイプードルのミックス犬だ。平日は、毎晩30分の散歩が日課になっている。休日は、朝晩連れていく。飼ったからには、大切に育てなくてはならない。家族に一員となっている。

上尾道路

犬は人に付き、猫は家に付くと言われる。最近、散歩の必要のない猫の方が人気があるようだ。しかし、散歩の時間は、マルプーと共に歩いているがいろいろなことがひらめくとても良い時間となっている。

時間を計って散歩をしている。ひらめきは忘れないよう記録しておこう。

もか

環境整備点検

環境整備

税理士法人キャンバスでは、毎月、事務所の環境整備点検を行っている。毎日15分間、決められた場所の環境整備をしているのでその点検を毎月行うため。本日で第19回目を迎えた。

環境整備

環境整備の方針として

⓵作業効率UP
⓶安全性UP
⓷生産性UP
⓸サービスのスピードUP
⓹お客様満足UP

をあげている。

決められた22の項目を2つのチームごとに、代表の私が点検をしていく。

環境整備

環境整備は会社の文化。物もピカピカ、心もピカピカにする。『形』から入って『心』に至る。『形』ができるようになれば、あとは自然と『心』がついてくる。毎日、全員で行い、職場で働く人が心を通わせ、仕事のやり方・考え方に気付く習慣を身につける。