『神社紀行』

上尾

毎年、大晦日が過ぎ、元旦になると3か所の神社へお札をいただきに家内と二人で神社へ行きます。

神棚が自宅と会社にありますので、2つずつもらいに行きます。幸い、風が無く穏やかな夜です。

神棚は、屋根が三つの『三社造』なので、中心に神宮大麻、向かって右に氏神様、左に崇敬する神社のお札を納めることになっています。私が行くコースは、大宮氷川神社上尾氷川鍬神社川越氷川神社のコース。川越氷川神社にてお札をいただける時間が午前3時で終わるため、これに間に合うように行かなくてはなりません。

元旦の午前0時15分に自宅を出発、武蔵一宮の大宮氷川神社へ向かいます。0時40分に近くの駐車場に車を止め、小走りで出店がたくさん出ている中、大鳥居をくぐり抜けて参道の人込みの中、境内へ向かいます。今年は、待つことがなくスムーズにお参りをしてお札(天照大神)をいただくことができました。大宮氷川神社は、埼玉県で一番人出があるので、無事に行くことができて安心しました。

1時35分駐車場出発、1時50分に地元の上尾鍬神社に到着。こちらは参拝所がひとつしかないため、毎年、長い行列ができます。しかし今年は、行列が少なくお参りができお札をいただくことができました。

2時10分上尾を出発、所縁のある川越氷川神社に向かいます。川越は参拝するところが広く、あまり待つことなく参拝ができます。いつもは、神社前の駐車場に駐車できるのですが、今年は満車であり、2時35分に離れた駐車場へ止めました。境内も行列ができていましたが、2時55分にはお参りができお札をいただくことができました。川越は年々人気があるようです。

3時30分に自宅へ到着、3つのお札を神棚に納めることができました。

今日1月4日、会社の神棚へ3つのお札を納めました。

一年の無事を祈り、今年も、1日と15日には神棚のお供え物を新しくしていきます。

一年間よろしくお願いいたします。

『あおいくま』

月刊致知8月号 「僕を変えてくれた母の生き方」

ものまねタレント・俳優 滝川広志(コロッケ)。

コロッケ

以下、記事抜粋。

人生の原点となった母の教えは、

我が家の柱には母の字で書かれた、黄ばんだ紙が貼られていました。

あせるな

おこるな

いばるな

くさるな

まけるな

子供の僕には意味が分からず『あおいくま』と読んでいました。

母は笑いながら

「広志くん、この言葉だけは覚えておきなさい。これを覚えておけば大丈夫だから」と教えてくれました。

僕は事あるごとにこの『あおいくま』を思い出し、心の支えとするようになりました。

コロッケさんの強さは、83歳になる母の教えがありました。

『あおいくま』。

相手が一番、自分が二番。

素直に思うことができたといいます。

母親には一生敵わない。

MGゲームが会社を変える

私たち税理士法人キャンバスが指導いただいている100年塾では、MGゲームを推奨しています。

私も受講しましたが、弊社でも大切なお客様へ向けてこのMGゲームを伝えたいと考えました。

そこで、

弊社のスタッフがMGインストラクターを取得しました。

先日、弊社にて戦略MGゲーム研修を行いました。

風景

遊びながら企業経営を学べる!?

  • 戦略MG研修とは

戦略MG(マネジメントゲーム)とは、経営の考え方・新しい視点・

経営計画・財務損益・経営分析等をすることを目的とした

経営シミュレーションプログラムです。

1976年に開発され今日までおよそ企業では1万社、

500万人、学校では500校が受講してます。

また、その対象者は、経営トップから新入社員まで幅広く及んでいて

受講者によって得られる効果がさまざまあります。

ソフトバンクの孫正義社長も絶賛!

創業前年の1980年に博多のMGセミナーを受講。
文芸春秋(1996年11月号)で、開発者の西氏に「MGを体験していなかったら
今日のソフトバンク社はない」と述懐しています。

このMG研修では、

いかに利益を出すこと、お金を残すことが大変かを学びます。

経営には様々な意思決定が必要になります。

意思決定

遊びながら、経営感覚を学ぶことができます。

このMGゲーム研修を受講してみませんか?

お問い合わせは

税理士法人キャンバスまで。

 

 

 

 

人材の確保と働き方改革

日本の労働生産性の低さは、先進国の中でも際立っていると言われています。社員一人ひとりが仕事で成果を上げながら、休息をしっかりとれる環境を整えるには企業はどのようにしたらよいのでしょうか。私たち中小企業は、特にそのことに着目して経営をしていかなくてはなりません。経営者が働き方改革を推し進めていくには、経営者自身が改革に関与し、社員には当事者意識を持ってもらうことが大切だと感じています。

働き方改革には、人材確保が前提であって、人材確保をするには、働き易い環境を整えることです。環境整備を行き届かせることです。具体的には、オフィスの中がきれいである、通勤が便利である。仕事をチームで行っている。なんでも相談できる社内環境である。人は生きていくうえで、生活環境が目まぐるしく変わるので、個人の生活に応じた働き方や休息がとれる、といったことが挙げられます。

中小企業が生き残るうえで、人材確保は欠かせません。働き方改革に直結するからです。そうなると、独自の採用ルートを確立していかなくてはなりません。これを持っている企業は、同業者に比べて大きな差別化ができます。人材確保のために、時間とお金を投資する時代が来ました。そして、育児休暇や介護休暇が柔軟に取得でき、優秀な社員が戻って来ることのできる環境づくりです。そのための人材確保戦略が必要なのです。

公立中学、高校教員の働き方改革の議論が進んでいます。部活に携わる時間の見直しの議論です。時代は変わってきたと感じます。働き方改革は、国策として動き出しています。多様な働き方が出てくるでしょう。重要な仕事に対し大きな成果を出し、しっかりと休むことができる。そのような企業には優秀な人材が集まり、仕事も集まってきます。働き方改革は、経営者の意識を変える大きな取組となります。

スピーチはスポーツだ

小田全宏先生のスピーチの講座へ参加したときに教えていただいたことがあります。

 

スピーチはスポーツだ

自分が修正した部分は上手になる。

ということです。

  • お辞儀をしっかり行う『す、すーう』。
  • はじめに、今回は○○についてみなさんにお伝えしたいと思います。
  • 言葉のひげ『あの~』『えーと』を使わないで話す。
  • 語尾をはっきりする。語尾が消えないように。
  • 最後に○○についてお話をいたしまして私からのスピーチといたします。
  • お辞儀をしっかり行う『す、すーう』。

人の伝えるには公式がある。

スピーチもある種の訓練。

スピーチはおしゃべりとは違う。

人は話を聞くことはしんどい。

承認してもらうことが目的、面白いのは本来の目的ではない。

メッセージが伝わる。そのためにスピーチがある。

語尾をしっかり、うちゃうちゃしない。

ざわざわしている時は、終わってから。

7%が言葉、93%が表情、服装、身振り手振り、姿勢。

話の中身⇒感情の伴った個人的な体験を入れると響く。

相手の頭の中である部分イメージが入れば共感している。

常にある種の感謝のエネルギーを入れる。

⇒自分の手柄ではなく他人の良いところを流す。

上手な人は『間』のとり方がうまい。

 

私の感想は、

いろいろな方のスピーチを聞きますが、言葉のひげをとる訓練がポイントのようです。

人にものを教えるということ

事務所のスタッフ教育、税理士として納税者に対して決算書や税金について説明をする場面、小学生に対する租税教室、少年野球の指導者としての野球指導、非常勤講師として大学生に会計を教える授業。

どれも私にとっては、人にものを教える大切な機会であり、自分を鍛える絶好の機会です。まず、人にものを教えるには、周到な準備が必要です。そして、教える側は、教わる側に対して、どのように物事を伝えていけば理解するのかを考えなくてはなりません。

仕事、税金、野球、簿記や会計学、どれも同じ取り組みが必要なのです。

私が人にものを教えるとき、考え方の根底には、仕事を教えてくれた税理士事務所の所長、野球を教えてくれた少年野球の指導者、学生野球の先生(監督)、そして、簿記や会計学を教えてくれた高等学校の先生や大学の教授は、このようなときどんな教え方をするだろうかと考え、思い出してから取り掛かります。

その時自分はどうやって教わり理解したのかを考えるのです。

おそらくどの先生も、教えるたび、『今日は上手く教えることができた』『受け手の反応が良くなかった』などと、試行錯誤の末に、自分の教え方を造り出しているのだと思います。

教科書に書いてあることやマニュアルに書いてあることをそのまま教えていたのでは、面白味がなく教わる側に伝わりません。私が出会えた先生は、それぞれ教え方に工夫があり、教わる側を引き付ける魅力がある方々ばかりです。

これまで出会えた先生の振る舞いや、自分が人にものを教えることを通して、私が考える人にものを教える先生とは、『仕事ができる』『租税の法律を知っている』『野球が上手い』『簿記会計の知識がある』ということの前に、人間的指導ができる人、すなわち人間を教育できる教育者である人が先生であるということが結論です。

人間的指導や教育者になるためには、とても根気が要り、時間がかかります。仕事だけ教える、野球だけ教える、簿記会計だけ教えることは、その専門の人であれば、ある程度できるでしょう。

しかし、相手に対して、愛情があり、その人の将来を考えることができ、教えるものを通して人間の教育ができる人こそが本当の先生なのです。そういう先生に出会い教わる人は、大変幸せです。

教わる側に対して、教える側の言葉が心に響き、残り、その人の将来の道しるべを作ってあげることが、人にものを教えるということなのだと考えるのです。

人間は水でできている

あるラジオ番組で、『人間は70%水でできている』

と聞いたことがある。

人間は70%水でできているから、

話が伝わらないのは、水に話をしているのと同じだからだ。

水

とその番組では言っていた。

子供に至っては、90%水でできているそうだ。

子供には、もっと話が伝わらない。
なにせ、90%水でできているからである。

水に話をしているのと同じだからだ。

私は、少年野球の指導者を17年間やっている。

なかなか話が伝わらないと思ったらそういうことであったのか。

そう思えば、腹も立つまい。

これからも、コツコツと水に話しかけよう。伝わるまで。

書を生活に活かす

上尾高校

このアイキャッチ画像は、上尾高校野球部の大先輩 矢島峰月先生 が 『上尾髙校』と書いていただいたものです。矢島先生が書いた野球部のユニフォームの胸文字『上尾髙校』のデザインは今も変わることがありません。

私は、小学生のときに習字を習っていました。当時は、習いごとと言えば、『習字』と『そろばん』と相場は決まっていました。現代社会において、パソコンや携帯電話の普及により字を書くことが少なくなり、計算もそろばんから電卓に変わりました。

再び習字を習い始めたいという気持ちが芽生えました。当時習っていた先生にお願いをし習い始めました。当時の先生が未だに教室を開いていたことはとても有難かったです。おかげですんなり始められラッキーでありました。

書道教室

硯に墨汁を入れます。最近は『墨をする』ことはあまりないようです。正座をし、背筋を伸ばして姿勢を整えます。これだけでも、気持ちを冷静に保つことができます。筆を書きやすいように整え、半紙に書いていきます。いかにして、半紙の中にバランスよく書けるかが勝負になってきます。心を落ち着けて、ゆっくりと丁寧に書きます。その字の書き順はどうなっているのかはとても大切です。しっかり筆を止め、跳ねやはらいは綺麗にできるかどうかです。

先生のお手本を見ながら、一字一字書いていき、最後に小筆で名前を書きます。

週一回、約二時間の『稽古』ですが、とても貴重な時間です。黙々と字を書くことに没頭することで、集中力が増し、バランス感覚が養われる。書道の良さだと思います。先生のお手本を見ながら作品を仕上げていき、先生に見てもらい指導を受け直していただきます。書道は、書く時の姿勢、筆の持ち方、筆の使い方が美しくないと綺麗なバランスのとれた字を書くことができません。そこを先生に見てもらい直してもらうのです。

良い字が書けた時は、姿勢や筆の持ち方や使い方が良いことになります。人に直してもらうことが大事なことだと感じます。

『書を生活に活かす』。

書道を習うことで、いい加減さやこれでいいという中途半端な気持ちが無くなります。集中してしっかりした字を書くことが、生活の中に活かされていくことを実感しています。しっかりした字を書いて、相手に気持ちが伝わるのが字です。

字は上手でなくても良いです。

しっかり相手に伝わる字を書いているかどうかだと思います。現代はせわしなく時間に追われている感があります。日本の伝統文化である『道』のつく技芸や武道を見直し、生活の中に取り入れることで仕事や日常生活にきっと役立つのではないかと考えています。

組織は道具である

ドラッカーの著書の中に、『経営者の条件』という書籍があります。1966年に出版されたものです。ドラッカーが56歳の時に書きました。万人のための帝王学とされる書籍です。この書籍は、成果をあげるために自らをマネジメントする方法について書かれています。『他の人間をマネジメントできることは証明されていないが、自らをマネジメントすることは常に可能である』と言っています。

私たち個人は、組織という道具を使って、組織に貢献をし、自己成長と自己実現の機会を得ています。そして、組織は、世の中や社会に対して成果を与えています。つまり、成果は、組織の中には無く、成果は組織の外にあるのです。私たちは、いろいろな形で組織に属しています。その組織の成果から考えて、それに貢献する仕事をすることが社会的な役割ということになります。

長く仕事をしていると、営業成績や、数字を上げることだけに目がいってしまいがちです。よく、組織に使われている、組織に属していると言うことがあります。そうではなく、組織は道具なので、その道具が社会とつながっていなくてはなりません。組織の成果は、外にあります。組織の外、つまり社会に対して小さくても変化を起こすことが成果です。自分の力を使って社会に対して何をなすかなのです。

『経営者の条件』は、セルフマネジメントの視点から書かれています。組織は、お客様や社会に対して何を差し出すことができるでしょか。それこそが、組織の成果です。答えはすぐには見つからないかもしれません。私たちは、目線を上げ、視野を広げてこのことに対して考えてみる必要があります。個人⇒組織⇒社会です。組織という道具を使って、自らの強みを生かし、なすべきことをなしましょう。

数を重ねる。回数を数える。

税理士法人キャンバスでは、行事の回数を数えています。

キャンバスセミナー 第50回

キャンバス通信 第75号

キャンバス木鶏会 第122回

キャンバス托鉢 第13回

キャンバス環境整備点検 第19回

回数を数えると歴史ができます。歩みが分かります。改善も分かります。

夏の甲子園大会も100回大会と回数を数えているから盛り上がるのでしょう。