スピーチはスポーツだ

小田全宏先生のスピーチの講座へ参加したときに教えていただいたことがあります。

 

スピーチはスポーツだ

自分が修正した部分は上手になる。

ということです。

  • お辞儀をしっかり行う『す、すーう』。
  • はじめに、今回は○○についてみなさんにお伝えしたいと思います。
  • 言葉のひげ『あの~』『えーと』を使わないで話す。
  • 語尾をはっきりする。語尾が消えないように。
  • 最後に○○についてお話をいたしまして私からのスピーチといたします。
  • お辞儀をしっかり行う『す、すーう』。

人の伝えるには公式がある。

スピーチもある種の訓練。

スピーチはおしゃべりとは違う。

人は話を聞くことはしんどい。

承認してもらうことが目的、面白いのは本来の目的ではない。

メッセージが伝わる。そのためにスピーチがある。

語尾をしっかり、うちゃうちゃしない。

ざわざわしている時は、終わってから。

7%が言葉、93%が表情、服装、身振り手振り、姿勢。

話の中身⇒感情の伴った個人的な体験を入れると響く。

相手の頭の中である部分イメージが入れば共感している。

常にある種の感謝のエネルギーを入れる。

⇒自分の手柄ではなく他人の良いところを流す。

上手な人は『間』のとり方がうまい。

 

私の感想は、

いろいろな方のスピーチを聞きますが、言葉のひげをとる訓練がポイントのようです。

投稿者プロフィール

toshi
toshi
埼玉県上尾市で税理士法人キャンバスの代表をしています。
西上尾コンドルズスポーツ少年団の代表をしています。
拓殖大学商学部非常勤講師を務めています。
埼玉県立上尾高等学校野球部出身です。
詳しいプロフィールはこちら。